綺麗な音を出せるようになりたい

「高い音苦手です。低い音苦手です。タンギングできません。良い音が出るにはどうしたらいいですか?」

「そんなんわからんw僕が聞きたいわw」


っていう流れはよくありますね。僕もその一人ですw



「綺麗な音を出せるようになりたい。」

っていうのはとても解釈が難しいところ。
年代によって異なると思う。

例えば中学生は

「綺麗な音」=「良い音」

なイメージ。(ここで言う良い音というのはちゃんと楽器がなっていて響きのある聴いていて苦にならない音)

それが大学生以降になると

「綺麗な音」≒「良い音」

になる気がする。つまり中学生にはまだそこまで判断基準がないというか引き出しが少ないというか。。(正確には知らん)それが大学生以降になると良い音というのは綺麗な音だけでは無いということがわかってくる。(綺麗な音という定義も微妙なところだがw)

だから音大生はよく言う、良い音を出せるようになりたい。と。


じゃあ、良い音ってなんだ?

これも定義は難しい。さっきも書いたけど僕の考える良い音というのは「ちゃんと楽器がなっていて響きのある聴いていて苦にならない音」みたいな感覚でいます。

あとは、聞いている人が「良い音だね」って言ったら良い音なんだと思う。単純w

誰かのような音になりたいと憧れることは大事だけど、結局その人にはなれないし、その人の音はその人にしか出せません。
逆に自分には自分だけの音があるので、それと上手に向き合ってあげて認めてあげると良いと思う。普段から、今自分が出せる一番良い音を出す努力をすると、いつか聞いている人が「良い音だね」って言ってくれるかもしれない。たまには自分を褒めてあげましょうw


僕は音色に関して、ちゃんとした音で鳴っているにも関わらず音色が、、、という人には、「自分に自信を持って。良い音してるから。」と言ってあげます。自分のことを信じさせてあげるんですよ、自分自身と向き合うために。

もちろん高飛車はだめだけど、迷宮入りをするのは本当に辛いのでそこは避けて欲しいというのが僕の願いです。



※あ、上記のことは基礎練習とかちゃんとやっている人(やろうとしている人)に適応されますので、基礎練習嫌だとか曲の練習はやくしよーよー など言う人に適応される保証はありませんwあしからずw


さて、寝ますかね。おやすー

コメント

このブログの人気の投稿

使用楽器更新しました!

粗悪品にご注意! マウントアダプター、フランジバックの調整!!

スライドクリーム・吹き心地に影響するらしい