最近の悩み

職業と趣味は相容れないのか

ということを最近考え、悩んでいます。
セミプロとかプロ並みの趣味とかいう分類についてかな。

自分は本職が楽器の演奏であるので、それで生活をしていかないといけないという使命というか義務みたいなのがあります。だから必然的に楽器に関するあらゆることを自分の仕事とつなげるように考えてます。

ただ、趣味の世界にその感覚を持ち込んでいいものかどうかは微妙なところです。


最近はね、自分でもなにやってるのかよくわかってなくて、妙に焦ってたり先に先に行きたがる傾向があるんです。今できることを今やっておきたいという意識なのかもしれない。

ビジネスで考えたらたぶん自分は間違ったことはしてないんだと思う。合理的且つ効果的に考えようとしてるから。

けど、感性を使う職業でそればっかり考えるのも本当は良くないのかな。。


自分が本当にやりたいこと。やりたかったことってなんなのかな?と。でもそれは知ってる。それをやることが出来るのもわかってる。それが楽しいのもわかってる。だからやってる。

それ以上を望んではいけないのでしょうか。趣味を仕事にするといいますか。それを仕事にできるかもしれないという可能性をもっては駄目ですかね。

いや違うな、その考えに他人を巻き込んではいけないということかも。



っと、こんなことばっかり考えてるから練習に集中できないんだなw

はぁ、、、がんばります


コメント

このブログの人気の投稿

粗悪品にご注意! マウントアダプター、フランジバックの調整!!

使用楽器更新しました!

FUJIFILM X-T10 と CONTAX の組み合わせは素晴らしい