【機材紹介】出張レコーディング!簡易セッティング編



こんばんは!
朝動画です!w夜だけどw

この日はですね、依頼でレコーディングに行ってきました。
ファゴットの収録です。初めて。

その出発前にふと思い立って動画を撮ってみましたw
せっかくなので持ってくものだけ紹介しちゃおうとw


今回は簡易セッティングです。
前回紹介したTASCAMをレコーダーとしてマイクを組むやり方です。クリックに合わせるとか音源に合わせるとかでなければこれで十分です。クラシックや生演奏の録音に使えるやり方です。

多重録音ではないので持ち帰ってでの編集で問題ありません。機材の量もだいぶ少ないです。

こんな感じ。


宅庵のレコーディングなどはPCを持って行って、マイクを繋ぎ、録音ソフトでPCをレコーダーにし収録します。
この時のセッティングはだいぶがっつりになりますね。これはクリックを聞いたり、音を重ね録りしたりする際に必要なので仕方ないです。


で、音と同時に今回は映像もつきます。OM-Dでの収録。それを音と合わせてビデオにします。

まだ編集作業はしてませんが、特に大変ではありません。タイミング合わせを、ガイドとしてカメラとレコーダーを回した後に手を叩いてそこに合わせればいいようにしてます。

映像はフェードイン・アウト、音はマイクの特性もあるので少し音質を調整します。今回は切り貼りは無しです。


さてだいぶ忙しくなってきたので作業は効率よくやってしまいたいですね。

それではまた!









コメント

このブログの人気の投稿

粗悪品にご注意! マウントアダプター、フランジバックの調整!!

使用楽器更新しました!

FUJIFILM X-T10 と CONTAX の組み合わせは素晴らしい