投稿

トロンボーン三重奏曲の作曲について

イメージ
こんばんは!

ここんところ作曲をはじめてみまして、思い立ってトロンボーン三重奏の曲を作ってみました。
わりと生まれて初めてレベルで作曲をしたのでどんなふうになるのか、完成するのか心配でしたがなんとか形にすることができたのでよかったです。

今回は3曲が完成したので、それぞれの曲について少し解説をしたいと思います。


Ⅰ.Opening
この曲は本当に1曲目に作曲しました。
実はこの曲を作ったのは3時間程度で、風邪真っ只中でなにも手に付かない状況で思いついて作りました。

夢の中にいるような、場面がどんどん変わってふわふわしてる感じ。
拍子は12/8で、ほぼ変わらずです。
複雑にからむリズムと音程。4度と2度を組み合わせた不思議な部分と、3度と5度の調和がとれた楽しい部分のコントラストが際立つ曲となってます。

途中で4連符が出てきたりしてかなり演奏がし辛い曲になってしまいました。。
もし楽譜を出すならその点修正して演奏しやすいように改良したいと思います。


Ⅱ.Chaconne
3曲中最後に作った作品です。 はじめは日本風とコラールを合わせて作ってみようとしてましたが、途中から通奏低音をメロディにして展開させることを思いつき、シャコンヌとして完成しました。
序盤の物々しい雰囲気から途中、メロディが1stに引き継がれますが、実は音形・音は変わっておりません。だけど曲の雰囲気はガラッと明るくなり、まるで讃美歌のようにも聞こえます。 このあたりは編曲をたくさんしているなかで得た手法です。いかに同じテーマで既存のイメージを壊すか。それを楽しみながら作曲しました。
演奏については、お恥ずかしながら3曲中一番下手です、、、苦手なんですねきっと、、、 ♯調の短調、且つレガートでピアノの音量。こういったトロンボーンにとってかなり難易度の高い曲になってしまいました、、これが上手く吹けたらすごく綺麗だろうなと思います。

Ⅲ.Presto
3曲中最もタンギングを酷使する曲です、、w コンセプトは、多様性。です。 3人の奏者が聞き手の周りを取り囲んで演奏したときに、同じ音なんだけどいろんなところからいろんなリズムが聞こえてくる。音が自分のまわりをぐるぐると移動しているかのように聞こえさせることをテーマに作曲しました。
冒頭のひたすら続くBの音。これは3人が同じBを鳴らし続けますがアクセントの位置が…

【トロンボーン講座】《33》マウスピースの選び方・向き合い方(ラジオ版)

イメージ

新しいマイクを購入したという話

イメージ
憧れのNeumann こんばんは。 今日遂に!!新しいマイクを購入して届きました!!
Neumann TLM103
今回購入したのはドイツのメーカーで、Neumann(ノイマン)というメーカーのマイクです。モデルはTLM103というモデルでノイマンのマイクの中ではエントリーモデル的な立ち位置です。(それでも10万円超えですけどね。。。w)
Neumannといえば Neumannといえば、スタジオには必ずあるほど有名なマイクU87というモデルがあります。それは30万円ほどするのですが定番のマイクで、とてもいい音が録れるマイクです。個人的な印象ではふくよかな中音域、のびやかな高音域な感じです。
そのU87のDNAを受け継いだ今回のTLM103なので、音質はとても期待しています。

マイクへの投資 これまで動画制作をするにあたって、カメラやレンズなど映像にはたくさんお金をかけてきました。ただ、マイクに至ってはこれまで初期に購入した1万円台のマイクをいまだに使い続けておりました。もうそろそろ10年くらいになるのですが、やっと気が付いたんです。「音に投資しようよ」とw
マイクは録り方やセッティングで音が良くなるんだろうと思って、あまり手を付けてこなかったのがこれまででした。ただ、よく考えてみればカメラも1万円のレンズと10万円のレンズは撮り方が良くなっても出てくる写真は全然違うものなので、マイクも同じだろうと思えるようになりました。

マイクを選ぶにあたって 今回このマイクを選ぶまでいろいろ考えました。候補にしたマイクは数多く。。。
例えば、ぎりぎりまで迷ったのが同じくNeumannのTLM102というモデル。こちらは6万円台でコストパフォーマンスは高いんですが、予算があったので兄貴モデルということでがんばって103を選びました。102はとても小さいマイクなので大きさのある103のほうが余裕がある音なんじゃないかなと思ったからです。
あとはツイッターで教えていただいた、 Aston Microphones社のマイクも検討しました。値段も手ごろだし評価も高そうだったのでいいかなと思ったのですが、こちらは自分があまり経験したことないマイクだったので今回は定番のメーカーから買って、次の機会に選んでみようかなと考えました。
そのほかに、 AKG社 C214、SENNHEISER社 M…

【さくら荘のペットな彼女】Prime number 全部トロンボーンで演奏してみた

イメージ
こんばんは。
今回はさくら荘のペットな彼女のEDの、【Prime number~君に出会える日~】をトロンボーン4重奏で演奏してみました!

この曲大好きなんですよ。もうずっと前から。
この曲聴くとクリスマスとか冬のイメージがあるので、この時期に演奏したいなと何年も思っていました。

去年まで12月はなんだかんだ忙しくて、結局動画がとれず気が付けばクリスマスが終わってしまって「今年もクリスマス動画出せなかったぁ。。。」となっていました。

けど今年はようやく!!
アレンジも2,3時間で完了して自分の理想のアレンジができました。いやほんとマジ嬉しい。だいぶ前のアニメなので需要はないかもしれないけど、自分は大満足です。演奏できてよかった。


動画の編集についてなんですが、実は本当はもう少し凝った編集をしていたんですが、ソフトの都合かPCの問題かわかりませんがちゃんと書き出すことができず、いつものようなスタイルになってしまいました。。。

(演奏の絵の下に、楽譜を表示していたんですがうまくいきませんでした、、残念、、また挑戦してみたいと思います。)

今月はあと2曲ほどアレンジしなくてはいけないので、これから忙しくなりそうです、、
一応収録日を来週に取ってるのでまた何か録音してきたいと思います!

それではまた!

音の発音について(クリアな発音をするためには)

イメージ
発音について こんばんは。ちょっと間が空いてしまいましたが今回は教本の1ページとして、発音について書いてみたいと思います。
皆さんは発音についてどの程度考えているでしょうか?
その音一つを出すときに、どのくらい意識を集中させているか? すごく大切なことだと思います。
以前どこかで話したように、録音をして自分の音を聞く習慣があると発音についてシビアに考えているんじゃないかなと思います。 発音ってその楽器の音色を決めることなのでとても大切なことです。
トロンボーンの場合、様々なジャンルにおいてトランペットの隣に来ることが多いのではっきりとした発音、立ち上がりが求められることが多いです。
波形としてみた時の、基本となる発音の理想の形はこうです。










理想ではありますが実際にこのように発音はできません。 どうがんばったとしてもこうなります。










そうすると、この発音の時にいかに息の初速とタンギングのバランスをとって理想に近づけるかが課題となります。 この、息の入れ始めから音が発音としてきちんと出るまでの時間がかかればかかるほど後押しという現象になっていきます。

僕の経験上、大きく分けて3つのポイントをクリアすることでこの発音についての問題はかなり改善できると思っています。3つのポイントは以下の通りです。
息の初速舌の動きあごの開閉 それぞれについて詳しくみてみましょう。
息の初速
音を出すときには息が必要ですね。ここではその息を入れる瞬間の話をします。 息の入れ始めが上の図のようにクレッシェンドのような形だと、どうしても音ははっきり出てくれません。それはフォルテでもピアノであってもです。
息を入れる瞬間から、音が一番良く鳴る息のスピードを出す必要があります。 発音が上手くいかない人の多くは、この息の入れ始めのスピードが遅いのに発音をはっきりしようとタンギングばかり強くしがちです。そうすると発音は汚いばかりか、息が入っていないので音自体が鳴っていない状態で良いとは言えません。舌に意識が集中してるので自然と身体も力んでいるかもしれませんね。
改善方法 ・まずは意識の問題から。音を出すときに「音を外したら嫌だな、、」など思ってそーっと音を出そうとしてませんか?少し息を入れて、その音が出そうだったらそれから本腰入れて息を入れている状態。

もしそういう状態であったら先ずはその意識をやめてみましょう。音…

【アイドルマスター】自分REST@RT 全部トロンボーンで演奏してみた

イメージ
こんばんは。今月はアイマスの曲を動画にしてみました!
今まで吹いたことあったかなぁ、、アイマス曲は初めてかもしれない。

この曲はすごく好きな曲で、歌詞が最高なんですよね。
まぁ演奏になると歌詞がないのでそのあたりの思い入れが伝わりにくいのが難点ですが、、、

好きな曲をアレンジして演奏できたことはとても嬉しかったです!
アレンジをするにあたって、今回は原曲の雰囲気からちょっと変えてみました。
原曲そのままだと、4ビートでノリノリなんですがそのまま演奏すると飽きるだろうなと思ったので、今回はトロンボーンカルテット風というかw カルテットにしたらこういう作品になるだろうなと思いながら作ってみました。

リズムとか、和音の感じとかなんかトロンボーンカルテットでありそうな感じになったと思いますw これなら本番やっても映えるんじゃないでしょうか??


あ、でもこの曲めっちゃ難しいというか吹きにくいですよ。。。
なぜかというと、A majorからのD♭ majorなので、トロンボーンの一番出にくい音上のAsが連発なのです。。冒頭からもそうだし、メロにも多発、ラストまで連符もあるしまじできれいな発音をするのが難しかったです。。。
最終的にこの動画レベルまでは吹きましたけどそれでも鳴りが気に入らない、、、いやぁ、、今後の課題ですね。。。

あとはテンポがはやい&跳躍が多いので音程が取りづらいです。
こんなに難しい曲だとは正直思ってなかったのでかなり苦戦しました、、、
もしやる機会があったらお気をつけて、、、


アイマス曲もやりたい曲まだありますし、ラブライブ!もやりたい曲多いですね。
なるべく月に1回は収録したいなと思うのでまた次回もお楽しみに!

おやすみなさい~