本番は最高の稽古だぜ!

いよいよ明日本番ですね!2公演大変ですが頑張ります。(38公演に比べたらw)


既存のオケでのゲーム音楽コンサートと、ゲーム音楽特化型オケによるゲーム音楽コンサートの差ってなんなのかなぁ?って考えたりします。

たぶんオケの実力的には歴史からしても既存のクラシックオケのほうが上手いです。ならどこで差がつくのか?


それはね、奏者みんながゲーム音楽を好きって気持ちだと思うんですよ。それが音に出てくる。これはお客さんが一番わかると思います。


アマチュアな考えかもしれないけど、そこなんじゃないかなと。奏者の実力は10倍近いオーディションで選ばれただけあってハイレベルです。
(ちなみにトロンボーンは30人近く受けて正規団員は4人です。)


リハをやっているとすごく伝わってくるんですよ、奏者の演奏できることの喜びが。それが強すぎてはじめの方とかはバラバラになっちゃってますがwww

でもさすがですね、2回め以降はバシっと合わせてくるので歩調を合わせてみんなで良い音楽を作れています。うちのオケにしか出来ないサウンドというか音楽があると思うのでそれをお届けできたら嬉しい。うちのオケのアイデンティティでありたい。


なにをもってプロとするか?というのは人それぞれだしなかなか定義出来ないので僕もよくわかりません。

よくわからないけど、やることはちゃんとやる、そして良い演奏をしてお客さんに喜んでもらう。これを続けていくことを今は考えます。


明日、文京シビックホールで皆さんとお会いできるのを楽しみにしてます!!明日来れない方も次の演奏会でお会いしましょう。




じゃ、アイマス観るか!←おいw





コメント

このブログの人気の投稿

粗悪品にご注意! マウントアダプター、フランジバックの調整!!

使用楽器更新しました!

FUJIFILM X-T10 と CONTAX の組み合わせは素晴らしい